ソルフェージュの独学は危険!音大出身のプロから極意を学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独学

音楽の基礎といえばソルフェージュです。

楽譜を見ただけで、音楽の情景が手に取るようにわかるようになるのも、ソルフェージュの基礎をきっちりと学べばこそといえます。

そんなソルフェージュを身につけるのに独学は危険であり、音大出身のプロに教えを乞うことが大事。詳細を見てみましょう。

ソルフェージュは西洋音楽を学ぶための基礎

ソルフェージュを身につけるのは、西洋音楽を学ぶための一丁目一番地の取り組みといえるのではないでしょうか。

世界を代表するミュージシャンやアーティスト、ソプラノ歌手なども異口同音にソルフェージュの重要性について語っています。

「でも一体ソルフェージュって何?」という理解の人も多いかもしれません。

確かに通常の日本の音楽の授業では、取り立ててソルフェージュについて学ぶことはありません。

ソルフェージュは楽譜を読み解く力ともいえます。ソルフェージュをマスターすることで、どんな楽器を演奏するにも比較的容易に可能となります。いわば音楽の基礎を身につけるためには必要不可欠です。

ソルフェージュが身につけば、西洋音楽に触れることも一層楽しくなることが期待できます。

まず第一に譜面を見るだけで音楽全体の流れをつかむことができるのは大きいといえるでしょう。音を聴く力が養われれば、新しい音楽の魅力まで追求することが可能です。

基礎の省略ほど危険なものはない!?独学の落とし穴

ソルフェージュを学ぶには、しっかりとした知識と経験を持った講師のもとでレッスンを受けることが重要といえるのではないでしょうか。

間違っても独学でソルフェージュを学ぶことは避けるべきと言わざるを得ません。独学を決して否定するわけではありませんが、どうしても誤った理解になってしまうリスクが生じてしまうのです。

ソルフェージュの基本ともいえる聴音は、早めに養う必要があります。その時に間違った理解をしてしまうことは是が非でも避けなければいけません。

そういう意味では、いくら、音楽センスに自信がある人であっても、独学はハイリスクとなってしまいます。

ソルフェージュと似ているのが、リトミックです。リトミックは、子供が音感を身につけるために有効です。仮にリトミックに長けている人であっても、やはり、プロの講師にソルフェージュを学ぶことが、上達に向けての近道といえるでしょう。

上達したいなら音大出身の音楽家から学ぼう

ソルフェージュを完全な形でマスターすることは重要です。そのための手段として、信頼できる講師がいる音楽教室に通うことが有用といえます。

できるならば、音大出身の音楽家から学ぶことがより理想的といえるでしょう。「なぜ音大出身が良いの?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。

その理由は、音大に通うことで、ソルフェージュも基礎からきっちりと学ぶことになるからです。中途半端な知識だけで満足しているようなレベル感とは全く異なるのも事実。本格的な指導を受けることができます。

口コミや評判などを見ても、人気がある講師ほどしっかりとソルフェージュなどの基本を教えてくれる傾向にあります。

基本の省略をすることで、結果的に実力不足という事態になってしまうことは避けなければいけません。優れた音楽家ほど地道に基礎練習を積むものです。

大人になってからでも手遅れじゃない!ソルフェージュのマスター

評判の良い先生ほど、ソルフェージュをみっちりと学ぶことからレッスンをスタートさせます。音楽教室でも、聴音をマスターすることが重要なことはいうまでもありません。

「大人になってからでもソルフェージュはできるの?」という不安を抱える人も多いのではないでしょうか。そのような心配は無用ですので、過度に気にする必要はありません。

中高年やシニアであっても、ソルフェージュをマスターすることができます。実際にレッスンを受けるためには、自らの空き時間に合わせてスケジューリングができる音楽教室を見つけることが大事です。

そしてもちろん、生徒にしっかりと寄り添ってくれる先生がいることも欠かせない条件です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加