【東京】初心者歓迎!大人向けマリンバ(木琴)教室の選び方とおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京

初心者にとって、楽器の演奏は難しいものです。

独学で学ぶことも楽しさはありますが、専門家の指導を受けることができれば、効率的に上達することができます。

今回は、大人がマリンバ(木琴)を習い始める際の教室の選び方とおすすめの教室を紹介します。

社会人でもシニアの方でも安心して始められる

マリンバというとなじみのない人も数多くいますが、木琴といえば多くの人々が想像することができる楽器です。

マリンバ(木琴)は、ピアノやヴァイオリンのようにメジャーな楽器ではありませんが、数多くの人々に親しまれ、また実際の演奏にも魅力がたくさんある楽器です。

マリンバ(木琴)は、古くからある楽器で、その起源はアフリカ・アメリカ・アジアの各地にあります。もともとは小型の楽器でしたが、メキシコにわたり大型になり、現在の形になったとされています。

その構造は、木の板でできた鍵盤とその下の金属でできた共鳴管、側板から成り立ち、分解して運ぶことが可能です。

マリンバ(木琴)の魅力は、その多種多様な音色にあります。木でできた鍵盤をマレットと呼ばれる撥で打つことによって演奏するのですが、木のぬくもりのある優しい音色が魅力的です。

マレットの種類によっては大きく音色を変え、堅い素材を使えば鋭い音色が、柔らかい素材のマレットを使えば柔らかく優しい音色となります。

加えて、奏者の演奏方法によっても大きく変わるでしょう。人によって、様々色を変えながら、素朴で優しさを損なわないことが大きな魅力です。

マリンバ(木琴)の魅力としては、誰であっても安心して演奏をはじめらえるということもあげられます。バイオリンやフルートのように、音を出すこと自体が難しい楽器ではありません。

基本的にマレットで鍵盤を打つだけで音が鳴り、難しい奏法を覚える必要はなく、誰であっても初めから楽しむことができます。

忙しい社会人であっても、少ない回数で演奏方法を覚えることができるでしょう。

また、マリンバ(木琴)の演奏は、体に負担になることはないけれど、頭の体操や適度な全身運動にもなります。

シニアの方にも覚えやすく、多くの施設でレクリエーションとして取り入れられている楽器です。

月謝以上に近くて予約が取りやすい事が重要

マリンバ(木琴)教室の選び方にはいくつかの基準があります。

選び方を無視して、適当に選んでしまうと、ライフスタイルや相性の関係から、教室を長く続けることができず、やめてしまうことになるでしょう。

マリンバ教室の選び方の基準として、まず思いつくことは月謝です。受講料が安ければ、生活の負担にならないため続けやすいと感じるでしょうが、安易に月謝の安さだけで決めてしまってはいけません。

月謝以上に重要な基準があり、それが近さや予約の取りやすさといったことです。

近さとは、教室の位置が自宅や職場から離れすぎていないか、またアクセスのしやすさがあるかといったことを指します。

社会人になってからマリンバ(木琴)演奏を習うとなると、忙しい合間を縫って教室に通うことになるので、位置が離れすぎ・アクセスが悪いと、教室に通うこと自体がつらくなります。

シニアであっても、移動がつらくなると、教室に通うこと自体をやめてしまうことになるでしょう。そのため、教室が近いということは非常に重要なポイントです。

予約が取りやすいということも非常に重要です。いくら月謝が安くても、月に取れるレッスンの数が1回しかなければ、割高になってしまいます。

予約が取りやすく、たとえ予定が変わりキャンセルしたとしても、振り替えが行われる教室を選ぶことが勧められます。

通いやすい椿音楽教室

東京で通いやすい音楽教室を探しているのならば、椿音楽教室がおすすめです。

椿音楽教室の講師は、音大出身者が多くクラッシックに強いことで知られています。マリンバ(木琴)の講師も多種多様にそろい、様々な楽曲を習うことが可能です。

そのうえ月謝が安く、楽器の貸し出しもされているので、初心者でも気軽に参加することができます。

決まった教室でレッスンをするわけではなく、レンタルスタジオを使ってレッスンをするため、通いやすい場所でレッスンを受けることが可能です。

安さと近さという初心者にとってうれしい条件をしっかり備えています。

▼詳しくはコチラ▼
椿音楽教室の口コミ/評判|特徴や料金をまとめてチェック

大手の信頼、ヤマハ音楽教室

信頼や実績といった面で教室を選ぶという方法もあり、その点でいえばヤマハ音楽教室がおすすめです。ヤマハ音楽教室は、東京のみならず全国各地に教室を構えている大手の教室です。

長い間、多くの生徒に教えてきた実績も豊富で、初心者でも安心して習い始めることができるでしょう。東京の数多くの駅近に教室を構えているので通いやすさも備えています。

▼参考URL:https://www.studiorag.com/blog/fushimiten/about-marimba?disp=more

  • このエントリーをはてなブックマークに追加