【初心者の方へ】チェロの始め方。費用や習得期間なども解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コスト

音楽好きな人の中には、実際に自分で楽器の演奏をしたくなる人は多くいます。

しかし、楽器によっては身近なものではないものもあります。チェロもそのようなもののひとつです。

聞いたことはあっても実際に見たことはない、そのような人がチェロを始めるときに必要となることについて紹介します。

チェロを始めるために|必要な準備とは

チェロの演奏を、聞いたことはあるけれど、実際に演奏したことはない、という人は数多くいます。また、チェロという楽器自体をよく知らないという人もいます。

チェロは、大型のバイオリンで、バイオリンと違って首の位置で固定するのではなく、座って引く弦楽器であるという認識しかない人も多いでしょう。しかし、チェロは、非常に魅力的な楽器です。

チェロは確かに、バイオリンやコントラバス、ヴィオラなどのようにオーケストラの中では目立つ存在ではありませんが、非常に重要な役割を果たしています。

力強い低音から高音までの幅広い音域により、オーケストラを支えています。

チェロは、時にはメロディーを奏でることもあり、大人になってから習う楽器として、候補に挙がることも多いです。チェロを習いたいと思うのならば、まずは準備をしなければなりません。

それは道具の確保であったり、時間の確保であったり、または練習場所の確保といった準備です。

まず必要となる道具ですが、レンタルできるのならばレンタルを活用することがおすすめです。というのも、チェロをはじめとした楽器をそろえる場合、数十万円かかることになるからです。

チェロの場合、最低でも30万円ほどかかることを覚悟しなければなりません。すぐに買い替えたくないのならば、予算を決めてしっかりと吟味することが必要です。

チェロは楽器本体が最低30万円ほどかかりますが、これだけで始めることはできません。

基本的にチェロは、楽器本体と演奏するための弓とが別売りになっています。合わせて弓も購入しなければなりません。ちなみにおよそ5万円ほどです。

そのうえで、チェロと弓の手入れ品や付属品として、松脂やエンドピンストップが必要です。このほか、チューナーや楽譜、譜面台も用意すると、練習が順調になります。

数千円の教則本も複数必要となります。また、チェロを持ち出すことも考えて、ケースも購入すると安心です。もし、自宅で練習するのならば防音設備も必要でしょう。

ビギナー期におすすめな練習方法

チェロの始め方の第一は、楽器や道具、設備を整えることです。しかし、整えたところで、すぐに演奏できるわけではありません。初心者のうちは、特に地道な練習が必要となります。

初心者のうちに始め方を間違えて、難しい曲や弾きたい曲にただチャレンジしてしまっては、失敗してしまいます。

初心者のうちに失敗すると、演奏自体がつまらなくなり、せっかく集めた楽器や道具も無駄になってしまいます。始め方を間違えないよう、初心者に適した練習方法を学ぶことが重要です。

初心者のうちは、まず姿勢やチェロの持ち方、構え方などをしっかりと覚えなければなりません。練習する前に、一度は意識して正してから始めるとよいでしょう。

そのうえで、しっかりと音を出すことができるようにならなければ演奏できません。まず音階練習をすることが勧められます。音階練習とは、基礎中の基礎です。

上達していっても、最初の準備運動として行うと滑らかな演奏ができるようになります。C弦からA弦までを使い、3オクターブ音を出していく練習です。

上から下まで往復したら、四音ずつ一弓で弾く練習をし、最後に八音を一弓で弾く練習をすることで音階練習をすることができます。

音階練習をずっと繰り返しても、飽きてしまうので、適度に曲の練習を挟んでいくとよいでしょう。その際、曲は難しいものではなく、メロディが簡単なものを選びます。

曲の練習は、どうしてもとりあえず最後まで弾くことを目標としますが、これではうまく上達しません。躓いたならば、その部分を集中して練習し、少しづつ次の節へと進む練習法がおすすめです。

▼参考URL:http://music.geocities.jp/sunnyday313children/r_onnkai.html
https://otona-cello.com/cellolesson20180326/

独学が不安なら教室を活用しよう

チェロの練習は、独学でも教室を利用するのでも問題ありません。独学でできないということはありませんが、チェロは難しい楽器のひとつです。

ピアノのように、鍵盤をたたけば正しい音が出るわけではないからです。まず、正しい音を出すことが難しいと感じる人も多くいます。

自分の弾きたい曲から練習を始めるということが、独学では難しいでしょう。正確な音を美しく出すまでに、およそ3年はかかるともいわれています。

そのため、できるだけ早く演奏したいとなったならば、独学よりも音楽教室を活用することがおすすめされます。

また、チェロはバイオリンよりも音が大きいので、そのことからも音楽教室で集中して練習するとよいでしょう。

音楽教室は、大手の音楽教室や楽器店などで行われています。教室の位置や費用、先生との相性を考えながら慎重に選ばなければなりません。

教室選びによって、練習を続けることができるか否かが決まることもあります。重要なことは、先生との相性がよく、丁寧に教えてくれ、負担なく通うことができる教室を見つけることです。

まとめ

チェロは、あまり知られていませんが、幅広い音域で様々な役割を果たす魅力的な楽器です。

始め方は、まず楽器や道具をそろえなければなりませんが、独学でも教室活用でも構いません。

正確で美しい音を出すまでに地道な練習が必要ですが、練習を繰り返せば数年で形になるでしょう。練習を積み重ね、チェロの演奏を楽しんでください。

▼参考URL:https://www.nijinohashi.info/learning/cello/

チェロのはじめ方

大人になってからチェロを習い始めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加