独学でチェロを上達するコツ。3つの視点で見直してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独学

人間の声域に一番近いといわれる弦楽器、チェロ。

チェロを使ったポップスユニットも登場するなど、今どんどん人気が上昇してきている楽器ですが、独学で上達するにはやはりある程度のコツが必要な難易度の高い楽器でもあります。

そこで今回はチェロを独学で勉強する際に、気を付けておきたいポイントやコツをご紹介します。

独学でチェロを学ぶ人が陥りがちなスランプとは

独学でチェロを学ぶ上で気を付けたいことは、「自分の弾いている姿を自分で見ることができない」ということです。

例えばピアノの練習であれば、独学であっても自分の弾いている指を自分で見ることができますが、チェロではそれができません。

弦を押さえる左手を見ようとすると右手の姿勢が崩れてしまいますし、右手で持つ弓の使い方は上から見下ろすとなかなか正しい位置が判別しづらいのです。

そこで、まずは部屋に大きな姿鏡を用意して、自分の姿勢を自分で見ることができる環境を整えることが大切です。”

上達のためには、まずは焦らず基礎練習から

独学でチェロを始めた方の中には、「好きな曲があってそれをチェロで弾いてみたい」という方も多いでしょう。そういった人ほどいきなり曲の練習から入ってしまうことが多いです。

しかし、曲の練習のためには「チェロの持ち方」「左手の押さえ方」「弓の持ち方」「弓の位置」「左手のポジション移動」などなど、こういった基礎部分が出来ていないときちんと弾くことができません。

ピラミッドが一番下の段から徐々に積まれていくように、土台の部分が不安定だといつまでたっても上へ積み上げていくことができないのです。

まずは、左手と右手を別々に練習してみて、正しい姿勢を維持できているかを確認しましょう。左手と右手を同時に正しく動かせるようになるにはまずはそこから始めることが必要です。

そして自分で正しいポジションが作れるようになったら、次に音階練習から始めてみることをおすすめします。曲を弾きたい気持ちを抑えて、音階を正しい音程で綺麗に弾けるように鏡を見ながら練習しましょう。

基本姿勢、音階をクリアしたらそこから初めて簡単な曲の練習に入るのが良いでしょう。「急がば回れ」というように、結局はそれが好きな曲を自在に弾くための一番の近道なのです。

くじけそうな時にはスクール受講を考えてみる

ここまで、独学でチェロを勉強する際に気を付けるべきポイントについて触れてきましたが、やはりチェロというのはたくさんの魅力が詰まっている分、独学で勉強することが難しい楽器です。

姿勢、弾き方、指の動かし方、曲の表情のつけ方など、何百年も前から存在する楽器ゆえにその奥は深く、独学で勉強してもなかなか思い通りに弾くことは難しいでしょう。

アコースティックギターや電子ピアノよりも楽器のお値段が高く、始めるのに勇気が必要な分、せっかく始めるのなら上手に弾きこなしたいものです。

そこで、独学でなかなか上手にならなずに悩んでいる人には、是非一度スクールの受講をしてみることをおすすめします。今は全国各地でチェロを習うことができるスクールがありますので、一度スクールの体験レッスンを受けてみるのはいかがでしょうか。

もちろん先生によって教え方が合う・合わないなどあるので、そういった要望に対応してもらえるような、何人も講師が在籍しているような音楽教室を検討するのも良いでしょう。

効率よく練習して楽しいチェロライフを!

楽器というのは毎日練習することが何よりも大切です。5分、10分でも毎日楽器に触ることが上達への第1歩なのですが、限られた時間の中で上達するためにはきちんとコツを掴んで正しい練習をすることが必要です。

また、間違った型を覚えてしまうとそれを修正するためにもさらに余計な時間がかかってしまいます。

チェロは低音から高音まで温かい音で出すことができ、伴奏にも主役にもなれる便利な楽器です。自分の好きな曲を楽しく演奏できるように、今一度自分の練習を見直してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加